MENU

施工例ギャラリー
Gallery

施工会社

神谷綜合建設(豊橋市)

光と風が溶け込んだ 和とモダンが融合する家
 配達のお仕事をされているご主人が見つけた素敵な建築中の物件、これが神谷綜合建設とMさんご夫妻のはじめての出会い。「その日からカミヤさんにぞっこん」と語るご夫妻は、平屋に憧れていたため、プランはそこからスタートした。しかし、将来を見据えたさまざまな提案から子供部屋を2階に作ることに。想像以上の家が完成し、夫婦ともに大満足しているという。
「初めは平屋希望でしたが、提案してくれたプランがすごく好みだったのですぐ納得することができました」と奥様。

 南に面した屋根が大きく流れ、西側だけに2階がある横にどっしりとした風貌の外観。たしかに平屋の日本家屋を思わせる。和の玄関を入ると、右手には沢山の棚が設けられた土間収納があり、そちらの動線はキッチンへと続く。左手には平屋部分となる高い勾配天井のリビングが配され、そこには白木の梁。とかく重厚になりがちな梁は明るい色のカバザクラの無垢床とマッチし、ナチュラルでやわらかいリビングを演出している。リビングは、ダイニング、キッチン、和室、そしてウッドデッキが設けられた庭へも続き、広々とした空間は、それぞれに趣きあるスライディングウォールで仕切ることが出来るようになっていて、来客時の使い勝手を考慮している。

 そして、キッチン背面の棚は奥様の身長に合わせ、置くものを考慮し作られたオリジナル。

 「実際にこの現場で打合せをしながら部材を決めていきました。既にできていた周囲の雰囲気に合わせて木材やタイルを選べたのでイメージしやすかったです。慣れていないのでおかしな要望も言ってしまうのですが、そういう意見には『それはカッコ悪くなります』とピシャリと返ってきて(笑)。私たちでは思いつかないプロ目線の提案もあり、安心して相談ができました」

 着工後の細部の変更や追加は無理だと思いがちだが、それは「できて当たり前」というのがカミヤの家作り。工事が進み、目に見える形になってきたからこそ生まれるさまざま要望にも、可能な限り対応してくれるのも建てる側としては嬉しいところ。M邸でも、手洗い場の壁タイルやテレビボードは現場で思い付いて追加決定したものなのだ。コンセントの位置や照明、収納棚、カーテンなどの細部の決定も現場で打ち合わせをしながら決めていくのがカミヤ流。そのやりとりがとても楽しかったという。

 一緒になってとことんこだわって作り上げようという現場担当者の姿勢が細部にまで浸透し、後悔のない大満足の家を作り上げてくれたようだ。
メッセージ
無料資料請求はこちら
資料請求へ進む 0
最近の閲覧履歴
資料請求はコチラ(無料)