MENU

施工例ギャラリー
Gallery

施工会社

アイジースタイルハウス(豊橋市・名古屋市)

自分らしい暮らし方を叶え 住むほどに快適さを実感
 社宅住まいから新築一戸建てを実現したKさんご夫妻。家族が増えることも想定して、およそ1年前から具体的に考え始めたという。「夫婦そろってアトピー持ちということもあり、無垢の木や塗り壁などを使用している、健康にこだわったハウスメーカーや工務店がいいなと思っていました」。“自然素材”をキーワードにネットで検索していたところ、アイジーのホームページが目に留まり、見学会に出かけたのが最初のきっかけ。実際に見た家の雰囲気が、Kさんの理想としていた「素朴でシンプルな家」に近く、また、スタッフとの会話から、自分たちの希望を叶えてくれそうと直感し、依頼することに。
 
 自然素材を使った素朴な雰囲気の中に、ご夫妻がセレクトした照明や木目が映えるK邸は、素材だけでなく、デザインや間取りにもご夫妻の好みがしっかり反映されている。「外観は、三角屋根に窓の高さを揃えたヨーロッパ風が好みで、壁は白、屋根は赤茶色にしようと決めていました」とご夫妻。間取りで最優先させたのは、南面に広いLDK。「基本は1階のLDKで過ごし、2階は寝るだけの空間として考えました」。社宅ではリビングに背を向けて料理をしていたため、対面キッチンは奥さまの念願。常に子どもの姿を見ることができ、安心できるという。毎日使うキッチンだからこそデザインにもこだわり、オーダーメイドのキッチンをセレクト。アンティーク調の扉材や広いワークトップがお気に入りだ。
実際に住み始めて、断熱性能の高さに驚いているというご夫妻。「社宅では、夏はエアコンを26度設定にして一日中付けっぱなしにすることもたびたびありましたが、新居では28・5度設定でも快適に過ごせました。冬は日中、陽射しの当たる床がとても暖かく、外から戻ると部屋の中がほんわかしているんです」と、理想の間取り、高い断熱性能、自然素材のやさしさの中で、快適な暮らしを満喫中の様子。これから家を建てる人には、「限られた予算の中で後悔しない家づくりをするためには、ライフスタイルの何を重視するのか、優先順位をつける事が必要」とアドバイスも。K邸では、普段居る場所やよく使う場所に重きを置き、使い勝手はもちろんデザインにこだわることで、生活の質を上げ、今、必要のないものは極力省いて無駄をなくす。快適で幸せに暮らすための想いが理想の形となった。
メッセージ
無料資料請求はこちら
資料請求へ進む 0
最近の閲覧履歴
資料請求はコチラ(無料)